3/6-8に開催される㈱ナノオプト・メディア主催のセキュリティイベント「Security Days Spring 2019 – Tokyo」で
三輪が講演を行います。
===================================
「CSIRTに必要なEDRサービスとは」
【日時】2019/3/7(木)17:00-17:40
【概要】
EDRは振る舞い検知の精度が強調されがちですが、CSIRTにとっては検知されたマルウェアの「侵入のきっかけ」が重要になります。
そのためには、検知したマルウェアそのものだけでなく、そのマルウェアが侵入した経緯を記録したログとともに、アナリストによる分析も必要となります。 また、検知ログが国内に保存されることや、開発が国産であることの重要性も考慮する必要があります。
本講演では、日本ならではの高い要求や運用レベルにも準拠した、CSIRTにとって有用なS&JのEDRサービスについて紹介します。
===================================

1/15の日経産業新聞の記事『サイバー攻撃 標的拡大』に三輪のコメントが掲載されました。2019年のサイバー脅威予測として「ソフトターゲット」「サプライチェーン」「知的財産を保有する中小企業」などとコメントし、注意喚起しています。

脅威情報で実績のある米Flashpoint社と、ダークウェブのセミナーを開催します。
===================================
ダークウェブとCSIRT
~Flashpointによるダークウェブ情報活用~
【日時】2019年2月15日(木)14:30-17:00
【場所】S&J株式会社(東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル8階)
【受講料】無料(事前登録制)
【定員】20名
===================================

本セミナーではダークウェブの実態について詳しく解説するとともに、ダークウェブ情報を活用している企業の先進事例などをご紹介し、CSIRTにおける情報の活用について考察します。
CSIRT部門、リスク管理部門の方は必見です!