2019年8月16日の日経産業新聞記事『サイバー攻撃/公衆無線LAN 要注意』に三輪のコメントが掲載されました。

東京五輪におけるサイバー脅威として「公共環境に仕掛けられる偽の無線LANへの注意」に対しコメントをしております。

貴社のメール訓練は開封率0%というほとんど達成不可能な数字を目標に据えていませんか。
効果が見えないまま多大な時間と労力を割いていませんか。
本セミナーでは、「報告率の向上」によってもたらされる効果と、それを時間と労力を
かけずに実現する方法についてご紹介するセミナーを開催いたします。
==========================================================
メールセキュリティ対策の理想形とは
~報告率の向上がサイバー攻撃に対抗するカギとなる~
【日時】2019年7月12日(金)15:00-17:00
【場所】S&J株式会社(東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル8階)
【受講料】無料(事前登録制)
【定員】20名
==========================================================

4月22日、神奈川県警本部で委嘱式があり、弊社上原がCSIRTアドバイザ―(3期目)に就任しました。
また、5月7日付、『日刊警察』HPの『日刊警察ニュース』に委嘱式の様子が掲載されました。

■Webアプリ脆弱性診断のコスト削減と、全ページ診断によるリスク低減を実現します!!
弊社では、全ページ90万円~、Webアプリ脆弱性診断を行うサービスの提供を開始しました。
本セミナーでは、脆弱性診断において「アプリによる自動診断」と「人による手動診断」の
組合せの重要性を解説します。

<セミナー概要>====================================================
いまお困りの皆様へ
自動化とクラウドはどこまでWebアプリ脆弱性診断を
楽に、そして、安くできるか?
【日時】2019年5月16日(木)/ 6月13日(木)15:00~16:50(受付開始 14:30)
【会場】マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社(東京ミッドタウン ミッドタウン・タワー 19階)
【受講料】無料(事前登録制)
【定員】各日程30名
【主催】S&J株式会社、マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社
===============================================================
Webアプリの全ページを対象とした脆弱性診断を「リーズナブルに」実施する方法を
ご紹介するセミナーへいらっしゃいませんか。

本日21:00よりBSイレブン報道ライブ インサイドOUT「サイバー攻撃から暮らしをどう守るか」に三輪が出演いたします。

『近年の標的型メールは、普段やり取りしている信頼できる相手のメールアドレスを騙り送られてくるなど、攻撃か否かの見極めが困難になっている。相手のメール文の文体等に違和感を覚えたら、相手に電話をして確認をするなどして、信頼できる相手からのメールアドレスであっても確認をすることが重要だ。』とコメントしています。

中小企業に向くSOCサービスとは何か? 運用の手間を省き、確実なアラートを受け取るには

三輪が株式会社ソフトクリエイト 執行役員技術本部長 引間賢太氏、技術本部 セキュリティサービス部部長 清原健二氏と対談を行いました。
セキュリティ専任者を置いていない中小企業のセキュリティにおける課題や、中小企業向けのSOCサービスに必要な条件について語っています。

3/6-8に開催される㈱ナノオプト・メディア主催のセキュリティイベント「Security Days Spring 2019 – Tokyo」で
三輪が講演を行います。
===================================
「CSIRTに必要なEDRサービスとは」
【日時】2019/3/7(木)17:00-17:40
【概要】
EDRは振る舞い検知の精度が強調されがちですが、CSIRTにとっては検知されたマルウェアの「侵入のきっかけ」が重要になります。
そのためには、検知したマルウェアそのものだけでなく、そのマルウェアが侵入した経緯を記録したログとともに、アナリストによる分析も必要となります。 また、検知ログが国内に保存されることや、開発が国産であることの重要性も考慮する必要があります。
本講演では、日本ならではの高い要求や運用レベルにも準拠した、CSIRTにとって有用なS&JのEDRサービスについて紹介します。
===================================

1/15の日経産業新聞の記事『サイバー攻撃 標的拡大』に三輪のコメントが掲載されました。2019年のサイバー脅威予測として「ソフトターゲット」「サプライチェーン」「知的財産を保有する中小企業」などとコメントし、注意喚起しています。

脅威情報で実績のある米Flashpoint社と、ダークウェブのセミナーを開催します。
===================================
ダークウェブとCSIRT
~Flashpointによるダークウェブ情報活用~
【日時】2019年2月15日(木)14:30-17:00
【場所】S&J株式会社(東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル8階)
【受講料】無料(事前登録制)
【定員】20名
===================================

本セミナーではダークウェブの実態について詳しく解説するとともに、ダークウェブ情報を活用している企業の先進事例などをご紹介し、CSIRTにおける情報の活用について考察します。
CSIRT部門、リスク管理部門の方は必見です!